新ひとりごととストーリー & くらぶの仲間たち


by toshirin_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Musical Baton なるものが~

え~、更新が素晴らしく(!!)滞っている、くらぶ新館
ですが、Kim さんから、Musical Baton なるものがぐるぐ
る(?)回って来とりました。

で、Kim さんとこを参考に、簡単に説明しますってぇと、Musical Baton は…

海外のブログに端を発する、音楽に関する企画(らしい)。

音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってき
たら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を
選びその人にバトンを渡す、というルール(だそうな)。

質問は以下の5つ(だってさ)。
(この上の方のかっこ内だけ、意味なしとりしん追記・・・)

* Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
* Song playing right now (今聞いている曲)
* The last CD I bought (最後に買った CD)
* Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
* Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

え~、質問に答えるのが「最近のとしり~ん」には、ちと堪えるもの
がありますよっと。チェーンメールっぽいところがぁ~。
(これについては、口述できないので、後述。あぁくだらない私の声~)

といいつつ、回答してみましょう。


【* Total volume of music files on my computer】
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
ありません。使っている PC はスピーカーが液晶に付いてたりするもので、
とりあえず音が出れば良いって感じで、とても音楽を聴く環境ではありませんし。
音楽聴くのは、車の中か、家ではCD ラジカセでです。


【* Song playing right now (今聞いている曲)】
今・・・今ですかぁ?
カラオケとか良く行くけど、最近は曲聴いてないし・・・。
なら、カラオケで聴かせてもらった曲ってことで、「ノラ」門倉有希(笑)。
中森明菜「十戒」(古いな・・・汗)の最後の方、
『それはちょっと、できないそうだんねん~』って歌うと良いといつも
思ってしまってます。(何故良いのか謎だし。思いっきり話が逸れたな)

【* The last CD I bought (最後に買った CD)】
う~ん、これだな。
destiny's child(題名が書いてないから、destiny's child の destiny's child ってことかな?)
記憶が確かであれば、テキサス州の Fry's で買ってきたものです。
ラジオでかかってて、良さそうだったので即買いしてしまいました。


【* Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)】
良く聴くっていうと、
・「OPEN YOUR MIND ~小さな羽ひろげて~」石田耀子
 アニメ「あぁ、女神さまっ」の OP 曲なので、いつも聴いてますね。
 OP の絵とともに、ほのぼのとした雰囲気がとっても良いです。

・「果てしなく遠い空に」BON'z
 こちらは、アニメ「今日からマ王」のOP曲です。
 新しいED曲の「ありがとう~」も悪くはないですが、これは勢いのある
 ロックな曲なので、いつも聴くと元気になれます。

・「思いでのサンフランシスコ」(昔の曲ですね)
 あのリズム、メロディ、とっても良いですよね。
 サンフランシスコへ行くたびに、あの街並みにとっても合うよな~って
 思っていました。街中を走るケーブルカーや、フィッシャーマンズ
 ワーフの木造のレストラン、くねくね道やツインピークスとか。
 聴くたびに思い出しちゃいます。夕暮れが妙にマッチする気がします。

 ちなみに、この曲聴いても、アルカトラズは思い出しません。
 思い出すとしたら、ゴッドファーザーのテーマとかかな?^^

・「Can't Buy Me Love」The Beatles(とっても古いな)
 中学の頃、ビートルズの曲の歌詞を、覚えたてのアルファベットで必死に
 ノートに書き写していました。一番最初のページを飾ったのはこの曲でした。
 今、そのノートは手元にはありませんが、今でも良く覚えています。

・「SOMEDAY」佐野元春(これも古いな)
 初期の佐野元春は良く聴きました。
 その頃の曲はみんな好きですが、やっぱり SOMEDAY でしょうか。
 リズミカルな曲が多いんですが、この曲はメロディラインも良く、
 歌詞もしびれちゃいましたね。

【* Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)】
ん~とね・・・。
答えるのは良いんだけど、チェーンの様なのは主義に反するので回せませ~ん。
ってことで、ここへ来たバトンは、ここでおしまいっ!
であ、またね~。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-06-29 19:16 | ひとりごと

久しぶりの更新^^;

最近、CC キャラ、みんな強くって・・・勝てません^^;
というか、前に書いたような一日Inする余裕もないし、あまりネタにならない。

というわけで、更新が滞っております。

やっぱり、なにか作文したほうがいいのかも^^;
どんなジャンルが良いでしょうかね・・・。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-06-12 07:17 | ひとりごと

5月22日 CC1

さて、CC1に一日入り浸って、状況を報告するコーナーです^^;

[AM 6:30]
寝ぼけながら参戦、PC3人とのことだが、
1stキャラで、サタン付けて開始。

途中で、祝ゲット。
落ちないように慎重に進めるも、途中で誰かの悲鳴が聞こえる。
・・・どうもPCが居ない様子。

ゲージを確認すると、1.5ゲージなので大丈夫と判断。
そのまま、NPCを処理してクリア。
運良く、また祝!

[AM 8:30]
まだ眠たかったので、二度寝後
またもや寝ぼけながら、1stキャラで参戦。
PC4人とのこと。

落ちないように慎重にNPCを処理するも、
宝石でず・・・;

最後になって、敏Eと一対一になるも、
こちらへはダメが通らないので、あっさり勝ち。

また祝だぁ!
今日はいい感じと、寝ぼけながら・・・^^;

[AM10:30]
PC6人かぁ・・・。1stキャラで参戦。
途中も宝石でず。

残り4人になって、PK警告切れてたので、
LV上がったら仕方ないので、
空手のまま、帰還で脱出。

装備を2ndキャラへ。

[PM 0:30]
PC7人。2ndキャラで参戦。
人数増えてきたので、またダメかなあと
思ってたけど、開始30秒ぐらいで、
なんと、祝、霊を連続ゲット。うは^^;

で、もう用はないので、早速帰還で脱出。
ゲージは1/3ほどだったし、美味しすぎ^^

[PM 4:30]
PC9人・・・多くなってきました。2ndキャラで参戦。
なんか、よく喋るエルフが近くに^^;

気にしないで、スタート。
NPC倒していったら・・・悲鳴が^^;
さっきのエルフかしらん。

終盤、祝を取るも、残り6人ぐらいで爆風死^^;
まあ、いっかぁ。

[PM 6:30]
またもPC9人、2ndキャラで参戦。
途中・・・でない;
最後4人(ナイト2、エルフ2)まで残りました。
楽しそうなので、参戦^^;

ナイト一人倒すも、エルフにやられました。
何もなし^^;

[PM 9:30]
またもPC9人、2ndキャラで参戦。
序盤であえなく爆風死^^;
そろそろ限界!?

[PM11:30]
PC8人、2ndキャラで参戦。
途中で霊ゲット。
残り5人になったところで、爆風死。
さらに限界に挑戦^^;

[AM 0:30]
またまたPC8人、2ndキャラで参戦。
終盤、祝ゲット。
さすがにかったるくなってきたので、残り3人
になったところで、帰還で脱出。
で、倉庫に宝石を入れようとして、霊も拾って
いたことが発覚^^;

限界なので、寝ることにします~。

---------------------------
本日合計 祝6霊3
今日は、いっぱい取れました。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-23 00:57 | MuOnline記

5月21日 CC1

[AM 6:30]
久々に1stキャラで参戦。

参加人数が2人とのこと^^;
LV上がらないように、細心の注意が必要に・・・。

開始後少しして、霊ゲット。
1/3ぐらいNPCを倒したところで、中央へ移動。
すると、もう一人のPCの悲鳴が・・・あぁ^^;

また少し狩っていたら、祝ゲット。
最後まで残ったら、LV上がってしまうの確実なので
帰還で脱出~。

ゲージ下げてる間に、PK警告が切れてしまったので、
2ndキャラへ装備を移行。

[AM 8:30]
2ndキャラにて参戦。

参加人数5人なので、いつもどおりサタンつけて開始。
狩っても狩っても宝石出ず・・・。

最後エルフと二人になったが、向こうが攻撃意思なく
こちらから追いかけても無駄だったため、やむなく
時間待ちで終了。 殲滅数で勝っていたようで、
霊ゲット。

参加人数が多いときは、こうは行かないので、
毎回、宝石持ち帰れてラッキーかも。

[AM10:30]
3人までに残ったけど、宝石とれず。
勝てそうにないので、帰還で脱出^^;

[PM 0:30]
残り20人のところで、敏Eに狙われ死亡^^;
収穫なし。

[PM 2:30]
4人までに残ったけど、宝石とれず。
勝てそうにないので、帰還で脱出^^;
(またこのパターンか・・・)

[PM 4:30]
途中で、霊ゲット。
4人までに残ったけど、勝てそうにない
ので・・・以下略^^;

[PM10:30]
中盤で、祝ゲット。
4人になったとき、PCしか居ないようなので
帰還でとっととおさらば^^

----------------------------
計、祝2霊3 入手。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-21 09:09 | MuOnline記
俺は、情報思念体。
前に聞いたような話だって? そう言わずに聞いてくれ。
「山下大五郎」? いや違うって、まあ聞いてくれ。

前にゲーセンで対プレイヤーゲームが流行ってたけど、今
やネットワークの時代だ。オンラインでの対プレイヤー戦
が至る所で行われているんだ。で、対プレイヤー戦好きの
俺は、最初は普通に遊んでたんだ。だけど、強い奴は強く
てさ・・・、勝てなくってくやしい思いをしてたさ。

で、ある日、物理的な体の反応速度に差があるから負ける
んだと悟ったさ。奴はとてつもなく反応が早くて、だから
勝てないんだとね。もっと反応速度を上げるには、どうす
ればいい? 答えは簡単だった。検索したらネットの中に
答えがあったさ。思念体となってネットワークに潜り込め
ばいいって。俺はそのプログラムを起動したさ。

自分が考えたことをディレイなしに実行できる。とっても
素晴らしいことだ。もちろん奴との対戦も圧勝!。そして
俺はネットの海を彷徨いながら、いろんな奴と闘ったさ。

強そうな奴と闘って行くうちに、だんだん判ってきた。
反応がとっても遅い物理野郎はともかく、たまに、メチャ
クチャ速い奴がいる。俺と同じ思念体になった奴だ。で、
なんとか奴らに勝っているんだが、負けた奴ら・・・消え
ちまうんだ。そう、思念が消滅して二度と復活できない状
態になるらしい。

その事実を知った俺は、ちょっとビビってしまった。
だが対人戦好きなのでやめられない。で、戦い続けている
うちに、このスリルが堪らなくなってきた。正に命がけの
戦闘、最高だぁ!!

さて、ここまで読んでくれたあなた。そう、この文章は、
実はあなたへの挑戦状なんですよ。
下のボタンを押すと、添付のプログラムが起動して、思念
体でネットに入れるからね。ポチっと押して、ポチっとね。

対プレイヤー戦、挑戦者募集~
是非ご応募ください。[実行ボタン]
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-14 20:24 | ストーリー
俺は「やぶさん」と呼ばれている。
人気のない弱小球団、北京ダックスの代打要員。マンガで
言うところの「あぶさん」みたいな役回りのわけだ。

最近はどうも不振だ。
昨日の試合もそうだった。9回表で3点差。1アウトラン
ナー1,2塁で一打逆転のチャンスだったのに、あえなく
セカンドゴロのゲッツーとは・・・次こそは絶対打ってや
る。くやしい気持ちでいっぱいだ。

チームは勢いがない。なんとかしないと・・・と思ってい
ると代打のコール、出番だ!。今日は、5点差ながらラン
ナー1塁。チャンスを広げる役割と来たもんだ。よし、
やってやる~。

勢い込んでバッターボックスへ入ったものの、相手ピッ
チャーは押さえの切り札、速球が160kmオーバーなん
て反則だろ? で、あえなく三振。この次は絶対打ってや
るぞ~!!!

負けず魂に火がついた。よし、早速猛練習だ。特訓だ。熱
血だぁ~~~。冴えない自分を吹き飛ばすかのように、闘
う気力がわき上がってきた。俺はやる気だ、俺はできる、
俺は打てるなど、呪文の様に言葉がぐるぐる頭の中を巡る。

と、不意になにかの点滅を感じた。目を凝らすと、目の前
にPCがあり。「プログラムD終了」の文字がフラッシュ
している・・・なんだ???

徐々に混濁していた意識がはっきりとしてきた。
俺は・・・いや、私はやぶさんなどではない。トップ球団、
薬天シークルーズの3番打者、キムハタだ。
球団のメンタルプログラムルームで、最近不振の俺に監督
が命じたのが、このプログラムDと呼ばれるメンタルド
ラッグってことだ。

もうそろそろ引退だな・・・。無理矢理作り出された、
幻のような気力が無ければ闘えない、醒めた自分を感じな
がら私は家路についた。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-13 20:44 | ストーリー
え~、私は今、本日開園となります、「おさるパーク」に
来ています。このおさるパークには、とっても可愛いおさ
るさんがいっ~ぱい居るんですよぉ。

あ、ちょうど今、園長さんがおさるさんを連れてこちらに
来てくれましたので、ちょっとお話しを聞いてみましょう。
(自分で言うのも何だけど、「ちょうど今」なんてわざと
らしいかな・・・?フフ)

アナ「園長さん、おはようございますっ。」
園長「おはよう^^」
アナ「可愛いおさるさんですね~。」
園長「はい。ここで一番なついている子ですよ^^」
アナ「撫でてみていいですか?」
園長「あ?あ・・・」
アナ「可愛いね~、どれどれ」
・・・キーーーー!
アナ「きゃー怖い;;」
園長「う?あ・・・」
アナ「なんなんですか!?この猿は! 歯を見せて威嚇し
   ましたよ?」
お猿「ウキー!!」
園長「お?あ・・・」
アナ「何が一番なついてて可愛いです!?」
園長「な?なついているとは言ったけど・・・私にね」
アナ「大体なんで、こんなところにおさるパークなんて作
   るのんです? 絶対人来ませんよ?」
園長「さ?さるが沢山住んでたから・・・そんだけ。私の山だし。」
アナ「それに、どう見たって放し飼いじゃないですか!?」
お猿「ムキー!!」
園長「い?いや野生のままだから・・・そんだけ。じゃね。」
アナ「野生? それでエテ公パークだぁ?冗談でしょ」
お猿「ウキー!!」
アナ「こんなとこ、潰れてしまえ!」
お猿「ムキー!!」
アナ「もう、いやっ。こんな仕事。」
お猿「ウキー!!」
アナ「次は、別の人にしてよ。」
カメラマン「あの~、もう園長さん居なくなって、おさるさん
   だけになっちゃいましたよ?」
アナ「・・・え~と、大人気。本日開園のエテ公パークからで
   した^^。」
お猿「ムキー!!」
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-12 17:20 | ストーリー

ネタ切れonline

最近、あまりにも更新が滞っているので、
新ネタとして、MMORPG の MuOnline ネタを
載せることにします。

期待しないで、お待ちくださいませ。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-05-10 07:00 | ひとりごと

まったりしています

更新滞っています。
見に来てくれている人には、申し訳ないですね。

えっと、近況ってことで。
ちょっと前の、chikaさんのBlog思い出して、仙川商店街に久々に行ってみたところ、
「てんや」がない・・・;
ってことで、「はまぐりのかき揚げ天丼」は食べられませんでした。

し~かたがないので、東秀でWギョーザ定食食べて帰りました。
ちなみに、餃子好きですが、やはりバーミヤンの餃子が一番いいかな。

あぁ、食べ物ネタに逃げてしまいました。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-03-28 12:22 | ひとりごと
ついに、ここまで来た!!!。
もう誰にも追われることもない・・・。

俺は、名前を山下大五郎(もちろん仮名だ)というしがない探偵だ。
その日を生きるために、普通の依頼以外にも、ちとやばい情報の
売り買いをする事はあった。まあ、大した情報じゃないけどね。
でも、その時俺は、ちょっと欲張りすぎたんだ。

あれは三日前の午前2時ごろだった。
情報屋のトムから買った、あのネタがやばかったんだ。
ある巨大シンジケートの不正。聞くからにやばいだろ。
でも、その時の俺にはある勝算があったんだ。

コンピュータの自動処理によって、裏送金されるお金。
その送金先の口座に、5分間俺の架空口座をいれるだけの
はずだった。そして5分後には送金ログも含め、自動的に
証拠が消えるって寸法さ。

しかし、奴らは感づきやがった。というか俺の技術が未熟
だったのか? 奴らのコンピュータの防御シールドが展開され、
それに絡め取られている間に、自動照準電子ビームによる攻撃が
開始されてしまい、俺の PC は粉々に砕け散ってしまった・・・。

なんてこったい。やっぱりやばすぎたか。そうつぶやいているう
ちに、俺の体が崩壊していった。

俺の物理的な体と呼ばれる物質は、損傷を受けたが、そこは抜か
りはない。俺の全情報は既に電子化して、ネットに保存してある
からね。いつでも、そこから物質化して再構成できるのさ。

でも、奴らはしつこかった・・・。ネット内の俺の全情報を
消去するため、ハンタープログラムをまき散らした。
俺は逃げた。サーバーからサーバーへ、時には個人の PC で
休むこともあったが、そこは防御が極めて手薄だった。

俺は最終的に安全な場所を知っていた。だから焦ることはなかった。
ハンターらの目をかいくぐって、そこに辿り着けば、俺の勝ちなのだ。
そして俺は、ついに、ここまできた!!!
絶対安全。もう誰にも追われることもない。

もう大丈夫だ。このネットの終点スタンドアローン PC には、誰も
入ることができないのだ。もうネット接続を切ってしまったから、
俺も抜け出すことは二度とできないのだが。とにかく安全だ。

で、ひとつお願いがある。PC の電源切らないで・・・プチ。
[PR]
# by toshirin_h | 2005-03-18 00:38